【大泉寺 Q&A】

大泉寺の疑問についてお答えします

 

  • 坐禅をしてみたいと思いますが、初めてでも大丈夫ですか?
  • A 初めての方でも大丈夫です。初心者の方も大いに歓迎です。
    坐禅を始める前に作法等を丁寧に指導いたします。
    初心者の方の服装は、ラフなもので構いませんが、足を締め付けないもの
    (トレーニングパンツもしくはストレッチタイプのズボン)をお勧めいたします。

 

  • 坐禅に興味があってもヒザが悪いので、つい遠慮してしまうのですが?
  • A 近年「イス坐禅」といって、足を組まなくても背もたれのないイスに座って行う坐禅も
    ございます。坐禅は「調身・調息・調心」といって、
    「背筋を伸ばし、呼吸を整え、心を整える」ことが大切です。
    例えイスに座っていても、「調身・調息・調心」の三つを心掛けて座れば
    坐禅を行っていることになると思います。

 

  • 子どもたちに坐禅を体験させたいのですが?
  • A 小学生以上であれば、是非体験させてあげてください。子ども向けに指導いたします。
    坐禅は40分座ることが基本になりますが、お子様の年齢を考慮して15分・20分・30分と
    短い時間で指導することもございますのでご安心ください。
     また、子ども達だけに体験させるのではなく、大人も一緒に参加することも大切です。
    「子は親の背中を見て育つ」と申しますが、保護者の方が一緒になって坐禅をすることにより、
    子ども達に大変良い影響を与えると思います。
    ご要望があれば「親子坐禅会」も開催いたしますので、遠慮なくご相談ください。

 

  • 最近、自分の先祖を永代供養される方が増えていると聞きます。
       永代供養とはどういうことなのでしょうか?
  • A 永代供養とは、本来ならば故人(先祖を含む)の子供もしくは親戚縁者が法事等をして故人を供養しなければならないところを、事情があってお寺が代わってその家の供養(法事)をするということです。永代供養はあくまでも最終手段であって、特別は事情がない限りは、故人の親戚縁者がある限りは出来るだけ個々に供養されることをお薦めします。それは供養とは「供に養う」と書くように、目に見えなくなったご先祖様を供養すると同時に、今生かされている自分自身の命に目覚めさせて頂く意味があるからです。

 

 

  • 最近、宗教的葬儀をせず亡くなってからすぐに火葬をする“直葬”をする方が増えていると聞きます。本当にそれで故人が浮ばれるのでしょうか?
  • A あくまでも私個人の考えですが、どんな形であれ宗教的な葬儀で故人を見送ってあげた方が良いと思います。なぜならば、日本人は「私は無宗教だ。」と言われる方が多いのですが、本人が自覚していないだけで、日本人の多くは仏教徒であり神道でもあります。それはお盆やお正月の行事、言葉や合掌することなど、日常生活の中で仏教的・神道的なことに常に触れているからです。

    また、私たち人間は煩悩(迷いや欲望)や身体的精神的苦痛(病気等)の中で生活をしており、それらからは逃れられることは出来ません。直葬をするということは、その煩悩や苦痛を抱えたまま火葬されるので、そこには魂の救済は無く、死後も人間と同様に魂は彷徨い、苦しみ続けるのではないかと思います。例えば仏教の葬儀は、人間をこの煩悩や苦痛の世界から解放し「仏様」にする儀式をしてから火葬にします。戒名とは、現世の煩悩・苦痛から解き放たれた仏様の名前を頂くことなのです。死後は私たちを見守って導いてくださる、新たに生まれ変わった「仏様」になって遺族に安心を与えてくださいます。神道やキリスト教もやはり亡くなった時は儀式を通して、魂を神様のところに導き、故人の魂の救済をし、残された遺族に安心をもたらすことだと思います。よって、宗教的葬儀は故人にとっても遺族にとってもとても重要な儀式だと思います。ですので、直葬は出来るだけやらない方が良いと思います。確かに宗教的葬儀をした場合、お布施や寄付、玉ぐし料などが発生しますが、事前に宗教者と相談すれば、納得できるかと思います。私もそういうご相談にも応じます。

 

大泉寺へのお問い合わせ
gasshou-raihai★daisenji55.com
(「★」の部分を「@」に変更してください)

住職へのお問い合わせはコチラ
(「★」の部分を「@」に変更してください)
※ @ は半角です